源泉などの温泉表示の意味

妊娠中の温泉の入り方と避けた方がいい時期を知っておけば妊婦のかたでも十分入浴を楽しめます。

源泉などの温泉表示の意味

妊娠中でも入れる温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中に温泉に入っていいかどうか迷う人も多いですが、基本入ってはいけないということはありません。ただし、受診している産婦人科に確認はする必要があります。そのさいに先生から問題ありませんと言われれば入っても大丈夫です。

泉質によってはよくないのではと思うかもしれませんがそんなことはありません。むしろ気にしなければいけないのは入浴時間などの浸かり方です。いきなり熱いお湯に入るのではなく徐々にならしながら入ることで血圧が急激に上昇するのを防ぎます。そしてのぼせやすいですので入浴時間は短めにします。

なるべく避けた方がいい時期もあります。妊娠初期と後期です。妊娠初期はまだ胎盤を作っている時期で体調が安定してない場合が多いです。この時期に体に負担がかかるようなことは禁物です。後期は破水など起こる可能性を考えるとあまりよくありません。破水しているときに入浴すると細菌が胎内に侵入してしまうので入浴しないほうが無難です。旅行で温泉に行く場合はなるべく近場にするか何かあったときでもすぐに受け入れてくれる病院を確保しておきましょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.