源泉などの温泉表示の意味

温泉を楽しもうと思えば、その温泉のお湯がどのような特徴を持つのか知っておくことも大切なことです。

源泉などの温泉表示の意味

温泉天国日本で自分好みの温泉を楽しむために

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本中に数多くある温泉ですが、一言に温泉と言ってもそのお湯の種類、いわゆる泉質は様々です。中には独特の臭いがあるものがあり、好き嫌いの別れるお湯もあります。温泉地に出向いてからのミスマッチを防ぐためにも、訪れる前に泉質くらいは知っておいた方がいいかもしれません。

温泉は、お湯の状態で湧き出ているものもあれば、水で湧き出ているものもあります。これらは基本的に入浴可能な温度に調整され人々に提供されていますから、温度は特徴としてあまり問題になりません。特徴として大きなものは泉質です。温泉には、酸性温泉からアルカリ温泉、または硫黄泉をはじめいろいろな泉質があります。泉質の特徴により、刺激の強いお湯、乳白色の湯、とろけるようなお湯などという風に感じ方が分類されるのです。どんな特徴のお湯でも温泉なら何でも好きという人は何の問題もありませんが、そうでない場合は訪れる際に知名度だけで決めてしまっては、結果的に好みの温泉でなかったと言う事にもなりかねません。また、それぞれの泉質には禁忌とされるものがあり、たとえば持病の種類によっては入れないものもあるので、この点も注意が必要です。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.