源泉などの温泉表示の意味

夏と冬に毎年のように温泉旅行に行きます。旅行の目的は良い温泉に入ってのんびりすることです。

源泉などの温泉表示の意味

毎年のように温泉旅行

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みと冬の年末旅行には毎年のように温泉を目的として旅行に行きます。あまり遠出はしませんが、長野や栃木、群馬、静岡の伊豆方面、熱川、箱根、岐阜の飛騨高山、下呂温泉など計画をたてて行っています。温泉が好きなので、良い温泉を求めて旅行に行きます。源泉かけ流しの温泉で循環ろ過していないのを選んでいます。循環ろ過の場合は名前の通り循環して不純物を取り除いた後に湯船に戻すのですが、この場合だと温泉成分が薄くなるので、効果が弱まりあまり満足ができませんでした。最初はそんなにこだわらなかったのですが良い泉質の温泉に入れば入るほど違いが出てきたので段々と源泉100パーセントのものを選んだりするようになりました。前にお湯を循環させて塩素を沢山使っていたようで、夏旅行の時にその温泉に入ったら肌がカサカサになって肌を良くするどころかボロボロになってしまいショックを受けた事がありました。

せっかく旅行に行くので良い泉質の温泉に入ってのんびりと癒された時間を過ごしたいと思っています。温泉に入った後のご飯はとても美味しくて宿泊するお部屋を決める時はいつも露天風呂付きのお部屋に決めています。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.