源泉などの温泉表示の意味

温泉の表示で良く見かける掛け流しと循環式は浴槽に流したお湯を捨てるか再利用しているかの違いです

源泉などの温泉表示の意味

掛け流し温泉と循環式の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉好きな人が好むのは「源泉掛け流し」の温泉です。掛け流しとはその言葉通りに湧出して源泉をそのまま浴槽に入れて使用し、そのまま少しずつ流しているか、あるいた入浴が終わった時点で流して入れ替える方式です。後者は厳密にいうと掛け流しではないかもしれませんが、湯元から湧いた源泉に入浴できる点から、源泉掛け流しと呼ばれます。しかしこうして湧きたての新鮮な源泉に入浴するためには、湯量豊富な温泉地でないと不可能ですね。またこれを続けていると温泉は枯渇してしまいます。

そこで考え出されたのが、循環式の温泉の仕組みです。循環式では一度浴槽に落とした源泉を、流さずに汲み上げて、消毒やろ過などで清潔に整えた後に、再び浴槽に戻す方法です。温泉の成分は変わらずに。浴槽の中も清潔に保たれるため、大規模の旅館やホテル、日帰り入浴施設で広く利用されています。どちらを選ぶかは好みと言うしかありません。清潔なお風呂の中での温泉を楽しみたい場合には循環式もおすすめです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.