源泉などの温泉表示の意味

温泉でも人気の障害者リハビリセンターを兼ねた温泉があります。花や木に囲まれた自然の中にあります。

源泉などの温泉表示の意味

きしゃぽっぽ温泉というのがあります

このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本の立ち寄り温泉で人気のところを紹介いたします。その中でも熊本でも立寄り湯の穴場といわれる「きしゃぽっぽ温泉」は循環湯ではなく、天然100%の温泉湯です。障害者リハビリセンターを兼ねた憩いの施設として天然露天風呂でも10棟を完備しているんですよ。お部屋が10棟あるので、それぞれつくりが違って家族でいろいろなお風呂を楽しめます。熊本市内から車で20分、熊本電鉄「黒石駅」から徒歩で10分のところにあります。

自然の中にあって日曜日など混む場合には待合スペースで時間を過ごすこともできますよ。駐車場も40台完備です。朝9:00から深夜2:00まで営業していますので、ゆっくりとくつろぐことができますね。周りは花や木など自然に囲まれた静かな場所にあります。こんな入浴施設がほしかったと思っている人もいるかもしれないですね。入浴料は50分、3名まで1,100円、4名以上1,500円となっています。泉質はナトリウム‐塩化物・硫酸塩泉で、源泉温度は58度、神経痛、慢性皮膚病、疲労回復、健康増進、筋肉痛、切り傷、慢性婦人病、痔疾、神経痛、やけど、慢性皮膚病、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、冷え性などに効果的です。

そういえば昔は湯治療目的の温泉の人たちも多かったのですね。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.