源泉などの温泉表示の意味

温泉はいいお湯加減で気持ちよく入浴できるように、加水したり加温したりして温度を調整しています。

源泉などの温泉表示の意味

いいお湯加減の温泉とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

温泉は温かくて体の芯から温めてくれるものというイメージがありますが、実は湧出口から出た地下水が25度以上あるというだけで温泉と名乗れるようになっています。25度はとても冷たいです。人間が最も気持ちよく入浴できるお湯の温度は42度と言われています。よく温泉の説明で、「加温」という言葉を見かけることがありますが、加温とは冷たい温泉を人工的に温めて浴槽で使用しているということです。ちょうどお湯加減がいい42度の高温泉が湧き出ている温泉は名湯と言えられる温泉です。加温をする必要がなく、地下から出ている自然そのままのお湯に浸かることができます。

温泉の温度は高ければ高いほど効能成分が多く含まれていて、それに浸かることによって体によく効く傾向があります。しかしあまりに温度が高いと火傷をしてしまうので、水で薄める必要があります。それが「加水」と言われるもので、高温泉の温泉では、ちょうど42度くらいになるように調整されています。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.