源泉などの温泉表示の意味

アパートに住んでいた姉はお風呂がなく、たらいで身体を拭いていました。そんな姉のために温泉券を購入しました

源泉などの温泉表示の意味

姉のために購入した温泉券

このエントリーをはてなブックマークに追加

姉は青森県で一人暮らしをしていました。青森は時給がとても安い土地です。しかしストーブ代、灯油代、などはとても高くつき、姉の家計もストーブや灯油代で圧迫していました。姉が当時住んでいたアパートにはお風呂がなく、姉は近くの温泉に週に1度だけ行っていました。なぜ1度かというと、1回300円するので、毎日は通えないからです。後の6日は、ストーブの上で沸かしたお湯で身体を拭いていたのです。親元から1000キロも離れた雪国で、しかも週に一度しか温泉に通えない姉のために私は近くのお風呂屋に行ってあることを交渉しました。

冬の間だけ、半年間のパスポートを作ってほしい、と。お店の人はかなりびっくりしてましたが、高校生の私が頭を下げたのことに根負けして、半年で何度通っても1万円。というかなりの格安で作ってくれました。何度もお礼を言い財布から1万円を取り出して、おばさん手作りのパスポートを姉に渡しました。その冬は姉はゆっくりと毎日温泉に入り、身体を温めることが出来たそうです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017源泉などの温泉表示の意味.All rights reserved.